アーユルヴェーダスクール・サトヴィック

三本線マークをクリックするとナビメニュー(目次)が出てきます→→→

アーユルヴェーダ・セラピストへの道

アーユルヴェーダセラピストへの道:どんな資格が必要か?

現在、アーユルヴェーダのサロンを開業するのには、どんな資格も必要ありません。アーユルヴェーダ学会では、いくつかの資格をもうけて認定試験を行っていますし、各アーユルヴェーダスクールでも独自の資格を発行していますが、どれも国家資格ではないのです。

アーユルヴェーダセラピストへの道:アビヤンガをやってはいけない場合は?

さらに、そんな資格をもっている方でも、聞いてみると、驚くほど基礎的なことを知らない場合があり、心配になることがあります。私がアーユルヴェーダ学会の中級試験の試験官をした時には、アビヤンガをやってはいけない場合を聞かれて、正しく答えられない人がかなりいました。答えは、「アーマがある時、熱がある時、生理の時、食後すぐの時(消化不良の時)、妊娠中、出血性の病気がある時」です。

こうした基本さえ守れば、アーユルヴェーダの施術は技術的にも難しくなく、オイルを使うために、とても効果が高いので、コリや痛みを驚くほどラクにすることができます。家族や友達の間でお互いに施術できる人が増えるといいなあと思います。

アーユルヴェーダセラピストへの道:アビヤンガをやっていい場合と、そうでない場合の見分け方が出来るようになる

アーユルヴェーダセラピストになるために、最低限の資格テストを作るとしたら、どんなことをわかっていることが必要でしょうか?

まず、第一に「アビヤンガをやっていい場合と、そうでない場合の見分け方が出来るようになる」、ということです。アーマが多い人の場合、オイルを使うと、体がリラックスするどころか、パンパンに硬くなってしまうことがあります。そういう場合には、ガルシャナというドライマッサージで、まずアーマを燃やすことが必要になります。この技は痩身にも使えるので、ガルシャナを売り物にするサロンもありますが、たとえばピッタ体質で体に熱の要素が多い人の場合には、絹の手袋を使った摩擦によるガルシャナをすると、熱が高まって湿疹を起こしてしまうことがあります。こういう人には冷性の薬草の粉を使ってマッサージするのが正解です。こういう見分けが付くようになることが、まず第一の関門です。

アーユルヴェーダセラピストへの道の目次


現在のページアーユルヴェーダセラピストへの道
発汗法の選択と食事指導の指導
どんな勉強が必要か?
どんな道具が必要か?
良いセラピストになるためには?

おすすめ情報

アーユルヴェーダセラピスト養成講座Level 1

アーユルヴェーダセラピスト養成講座Level 1

一生モノの技術を学ぶ。 本物の技術と理論を持つアーユルヴェーダセラピストを育てています。

アーユルヴェーダ入門初級基礎講座

アーユルヴェーダ入門初級基礎講座

フェイスブック

▲ページトップへ