アーユルヴェーダスクール・サトヴィック

三本線マークをクリックするとナビメニュー(目次)が出てきます→→→

発汗法の選択と食事指導の指導

発汗法の選択

オイルマッサージをしただけでは、汚れに対して洗剤をかけただけの状態と同じ…適切な発汗法の選択が必須

次に重要なのが、発汗法の選択です。オイルマッサージをしただけでは、汚れに対して洗剤をかけただけの状態と同じです。洗剤をかけてから擦って汚れを落とすのと同じように、体をあたためて発汗を促し循環をよくします。この時、金属のタワシで強く擦ると傷をつけてしまうのと同じように、強すぎる温度や長すぎる発汗時間などは、かえって体力を奪ってしまいます。ですから、繊細な人には繊細なように発汗法を選び、温度や時間を調節することが必要になります。たくさんの種類の施術が出来るのが良いサロンではなく、季節の変化をにらみながら、お客さんの体質、体調、症状などにあわせて、発汗法の強弱、長さなどを調節してくれるのが、本当のよいサロンなのです。

食事指導が出来る

アーユルヴェーダでは食事の間違いによって病気になる!と考えている

最後に、食事指導が出来るようになることです。食事の間違いによって病気になるとアーユルヴェーダでは考えています。ですから、症状の原因を見つけるためにも、同じことを繰り返さない予防のためにも、正しい食事法を理解し、指導できるようになっていることが重要です。

マッサージの手技はどうでも、まずは最初の三つ、「アビヤンガをやっていい場合と、そうでない場合の見分け方が出来るようになる」、「発汗法の選択」、「食事指導が出来る」、この三つが出来るようになったら、最初の資格をあげてもいいように思います。それは、家族や友達など、まちがってもゴメンで済ませてくれる人達の体にさわってお金を貰わずに施術を練習してもいいという資格です。少しお金をもらった方が緊張感があっていいという人もいますので、そこは人それぞれですが。では、そのためにはどんな勉強をしたらいいでしょうか?

アーユルヴェーダセラピストへの道の目次

アーユルヴェーダセラピストへの道
現在のページ発汗法の選択と食事指導の指導
どんな勉強が必要か?
どんな道具が必要か?
良いセラピストになるためには?

おすすめ情報

アーユルヴェーダセラピスト養成講座Level 1

アーユルヴェーダセラピスト養成講座Level 1

一生モノの技術を学ぶ。 本物の技術と理論を持つアーユルヴェーダセラピストを育てています。

アーユルヴェーダ入門初級基礎講座

アーユルヴェーダ入門初級基礎講座

フェイスブック

▲ページトップへ