アーユルヴェーダイベント

Dその1 遠足企画 植物園でアーユルヴェーダの薬草に触れよう!



アーユルヴェーダで使われる薬草を、見て、触って感じてみませんか?

インド人アーユルヴェーダ医師のDr,シュリカントと一緒に、町田市にある薬科大学の植物園をたずねて、しっかり解説してもらいます。あまり大勢では歩けないので定員20名で締め切りです。

カルナタカ州立大学アーユルヴェーダパンチャカルマ部長Dr.シュリカント


講師紹介:Dr,シュリカント・ウンダルー

インド南部カルナータカ州のS.D.M.アーユルヴェーダ大学のパンチャカルマ部長であり、製薬学にも造詣が深い。日本にも何度か来日し、日本アーユルヴェーダ学会総会などで講演、セミナーを行っている。DRシュリカントの日本での講座の報告はこちらをご覧下さい。



日時: 7月21日(水)雨天決行
場所 昭和薬科大学植物園 町田市
集合時間 午後1時40分小田急線「玉川学園前駅」集合
午後2時 〜3時半 植物園を散策しながら解説を聞きます。
午後3時半〜4時半 教室で、今見た薬草の使い方を教わります。
参加費 3500円
お申し込みは、以下の項目を書いてinfo@satvik.jpまでメールで御送り下さい。
1:氏名
2:住所
3:携帯電話
4:アーユルヴェーダの学習度を以下のa~dよりお選び下さい。
(a:セラピスト b:1年以上のコースで学んだ c:短いコースや単発のレクチャーで学んだ d:本を読んだことがある)