日本語で読めるアーユルヴェーダの文献、書籍、本はまだ多くありません。中には既に絶版になったものもありますが、アーユルヴェーダの勉強には役立つものばかりを集めました。図書館などで御探しになってみて下さい。もっとたくさんお知りになりたい方は、アーユルヴェーダ学会誌シャーンティ・マールガ第18巻01号の中に「アーユルヴェーダを学ぶために読みたい100冊の本」という特集がありますので、是非そちらをご覧下さい。

まず、一番最初にご紹介したいのが、アーユルヴェーダの中で一番大切とされる、3冊の古典書文献です。本の詳しい解説は→本の解説

本の詳しい解説は→本の解説

本の詳しい解説は→本の解説

本の詳しい解説は→本の

文献の詳しい解説は→本の解説

PAGE TOP